2004年1月例会報告


討論中の中内恒夫氏
(上)










討論中の赤松順太氏と横山道夫氏
(下)
討論中の片岡康昭氏
(上)











討論中の阿部哲夫氏
(下)
ご講演中の松崎昇氏(上)

 1月14日(水)例会に於いて松崎昇氏(メンバー)の「トルコ族の起源と小アジアのトルコ族が中世ヨーロッパに与えた影響」と題する講演をお聴きした。同氏は昨年トルコを旅行された見聞とその前後の調査も含めてこの論文を纏められた。お話はトルコ系諸族の起源、丁令から始まり、匈奴、突厥、セルジュク朝、オスマン朝に至る戦乱、略奪の歴史をヨーロッパ諸国との関連を交えてお話された。今回は昨年10月の例会でトルコについてご講演された赤松順太氏もご出席され、活発な討論が行われた。討論はトルコと日本の類似性、トルコ、スペイン、ギリシャ、ポルトガルの相互比較、トルコの遺跡群、現在のトルコの経済力、社会資本整備など非常に広範囲に亘った。
講演要旨はこちら

copyright (C):1999 smile-kai, all rights reserved