2004年4月例会報告


ご講演中の浅井大使

 2004年4月14日の例会において浅井和子氏の「ガーナの近況について」の講演を聴講した。内容は地理、気候風土、慣習、部族社会、財政援助、貿易、歴史、政治、経済、教育、疾病、国際比較、奴隷、言語、交通など非常に多岐にわたり、講演中にも出席者から頻繁に質問があり、活発な討論が行われた。
 特に、マレーシアとの比較は興味深かった。すなわち、両国共、独立は1957年であり、地理的位置も北緯5度付近とほぼ、同じであるが、その後の発展には大きな開きがある。その原因について指導者や政治体制の違いなどを中心に討論が行われた。国民の顔を見ていると非常に明るく、幸せそうであり、今後の経済発展がどのように影響してゆくだろうかと言う点についても討論された。
 トピックスとしては「インターネット天文台」での日本との国際協力は興味深かった。青年海外協力隊の活動など
 地理的、歴史的にヨーロッパ、特にイギリスとの関係が深く、アジアとの関係はこれからであろう。今後、青年海外協力隊など数々の活動を通じて、アジア、特に日本との関係が深まってゆく様に感じた。
 関連するWEBサイトを2〜3掲載する。

外務省ガーナ大使館
駐日ガーナ大使館
インターネット天文台
青年海外協力隊体験記
 


copyright (C):1999 smile-kai, all rights reserved