2005年5月例会報告


平成17年5月12日の例会において浅井和子氏(前ガーナ大使)からガーナ帰国報告を拝聴した。
(1)今なぜアフリカか、(2)アフリカの現状、(3)ガーナの現状、について説明があった。今年はバンドン会議50周年でアフリカ年と言われ、「アフリカ問題の解決なくして21世紀の世界はない」(森前首相の言葉)アフリカは世界的注目を集めている。特に、わが国にとって国連常任理事国への支持についてアフリカの国連加盟国53ヶ国の票は重要である。しかし、アフリカはアジアから遠く相互の関係は必ずしも密接とはいえない。そのような中で浅井氏のガーナに対する思いは深く、多くの日本人がガーナを訪れガーナを理解してと訴えた。浅井氏が始めた”ガーナでよさこい”は今年で第4回となり、ご本人も参加する予定とのことである。メンバーからはいろいろアイデアが出され討論は盛り上がった。
写真右は浅井氏のガーナに関する論文が掲載された”GAIKO”の表紙、左上は講演される浅井氏。

講演レジメはこちら

ガーナ時代の写真はこちら

GAIKOの論文はこちら

copyright (C):1999 smile-kai, all rights reserved