2009年10月例会報告

アジアの民主化

武田 康裕氏(防衛大学校)
 
講演される武田康裕氏 武田康裕氏の著作
 2009年10月14日(水)の10月例会は武田康裕氏から「アジアの民主化」と題するご講演を拝聴した。東アジア諸国の政治体制を民主主義体制、権威主義体制(個人支配、軍事支配、一党統治)、全体主義体制に分類し、過去半世紀の各国の体制の変化は民主化の方向に向かっている。一方、北朝鮮(個人支配権威主義)やミャンマー(軍事支配権威主義)など特徴的な政治体制に参加者の強い関心があり議論が集中した。民主化実現の要因について講師は「政治エリートの選択と決定」大きいと結論した。一般に、民主化と経済発展には相関関係があると言われているが必ずしも明らかでないとした。民主化移行の過程、非民主主義体制が維持される原因や民す主義体制の功罪などについても考察され、予定の時間を大幅に超過して熱心な議論が行われた。

レジュメ
スライド


copyright (C):1999 smile-kai, all rights reserved