2012年11月例会報告

最近の金融・財政・為替動向

湯本雅士氏
講演される湯本雅士氏
会場風景
 2012年11月22日(木)に湯本雅士氏から「最近の金融・財政・為替動向」と題するお話をお聴きした。はじめに、考え方をまとめ解析するときの原則について、「一般的留意事項」について3項目述べられた。これらは我々が同様の環境におかれた場合、留意すべき事項で大いに参考になった。次に本論に入られ、(1)直近の出来事(主に安部発言)をマスコミ報道をもとにまとめられた、(2)考慮すべき事項(先進国におけるデフレの背景・原因、デフレ対応のための政策手段、物価上昇率・失業率の測定に関する統計技術的問題)等について解説され、(3)最近における各国中央銀行の金融政策について図表も使用され詳しく述べられた。非常に高度な解析でメンバーのみでお聴きするのはもったいないと云う意見があった。同時に、世界各国の専門家が突破口を模索しているにも関わらず先が見えない現状に失望する意見もあった。


資料はこちら
図表はこちら
新聞切り抜きはこちら


copyright (C):1999 smile-kai, all rights reserved