2014年2月例会報告


日本の大陸進出〜山県有朋から永田鉄山まで〜
若松 茂美氏
ご講演される若松茂美氏
 
 2014年2月27日(木)若松茂美氏(ゲスト)をお招きして「日本の大陸進出〜山県有朋から永田鉄山まで〜」と題するお話をお聴きした。
 明治・大正・昭和に活躍したリーダーたち(陸士21期石原莞爾、同34期若松七郎(演者のご尊父)、同44期瀬島竜三、同16期永田鉄山、同17期東條英機、同31期真田穣一郎、原敬、加藤友三郎、浜口雄幸、吉田松陰ら)の足跡をたどりながら日清戦争、日露戦争、明治政府の祖国防衛の大義、第一次世界大戦、満州事変、支那事変、太平洋戦争等について述べ大国主義が昭和陸軍を大陸に駆り立てたと結論し、我々は大国主義の功罪とこの問題に我が国が今後どう向き合うべきかについてじっくり考えなければならないと結論した。

 レジュメはこちら



copyright (C):1999 smile-kai, all rights reserved