2014年10月例会報告


般若心経 神秘の力

堀尾 哲一郎 氏
     
参考書1 参考書2  会場 参考書3
 
 2014年10月23日(木)堀尾哲一郎氏から「般若心経 神秘の力」と題するお話をお聴きした。2000年以上前に釈迦によって確立された仏教は論理的、科学的な精緻な教えであるためすべての人の求めにマッチせず、その500年後の宗教運動によって神秘的要素を含む大乗仏教が発生した。その時、作られた多くの経典の一つが般若心経である。これは276文字からなる超小型の経典で、世界の人々に生きる道しるべとして今日まで読み継がれ親しまれてきた。今回のお話しは、経の構成、「色」と「空」の持つ意味、釈迦の教えの否定とそこから醸し出される神秘の力について解説された。参加メンバーが持参された関連書籍の紹介もあり討論は大いに盛り上がった。

 レジュメはこちら



copyright (C):1999 smile-kai, all rights reserved